日本語ページEnglish Page

Philosophy|JAMTの活動を支えている志と方向性

JAMTが大切にしている思いとミッション

<大切にしていること>principle
<ミッション> Mission

誰もが病気と治療に主体的に関われる環境のために

癌医療情報をとりまく環境は、IT環境の拡充も手伝って、めざましく変化しています。その半面では、膨大な情報量が溢れているインターネット空間から、本当に信頼できる、医学的根拠に基づいた情報を見極め、選択することの難しさもまた増しているようです。

日本をはじめ、世界的にも癌研究の発展はめざましく、癌の解明や治療は日々大きく前進しています。世界レベルではさらに進んだ治療法や異なったアプローチがあり、多くの情報やエビデンスが開示されています。そのスピードも総量も高まる一方ですので、医療情報発信には、さらなる精度と速度が求められています。

それに伴いJAMTの活動領域や存在意義も明確になりつつあります。
医療者・研究者と患者・家族とのあいだの距離を縮め、一緒に病気治療に取り組むための「知恵」「共通言語」がますます必要になることでしょう。

こうした状況の変化・加速に対して、JAMTは今後、最新の癌医療関連情報をさらに質的・量的にも充実させ、タイムリーに、公平に情報提供していきたいと考えています。

また、JAMTの基本理念でもある「一般のひとに、良質の情報が広く行き渡る素地づくり」を実現するために、医療情報をよりよいコミュニケーションのかたちに仕立てて、必要とするひとに、必要な情報が手渡せるしくみをつくるためにも、持続的かつコンスタントに翻訳と提供ができる体制づくりを目指していきます。