日本語ページEnglish Page

Join us|JAMTへの応援にはいくつかの選択肢があります

現在のJAMTは癌医療の当事者のみで運営されています

JAMTの医療翻訳・提供活動は、日本の癌医療環境の改善や医療水準の向上に広く貢献し、先端の医療情報を求めておられる多くの一般・医療者の方々に、良質かつ最新の医療情報を届けるべく、高度専門技能をおもちの方々が有志でご参加くださるものです。

当会ボランティアには、がんサバイバーご本人やご家族、親しい友人などが癌治療を経験した方も参加しています。いずれも何らかのかたちで癌医療に参画・貢献したいと考えている方々です。現時点では、その組織運営経費はおもに参加ボランティアご自身の会費負担と一部の収益事業によってまかなわれています、けれども今後よりいっそう活動拡充への期待と要請が高まるなか、十分な活動基盤を整えるだけの財源確保が追いつかないという実情もあります。

会員としての参加と、寄付としての支援が選べます

JAMTの活動としくみに示したよう、参加と支援には以下からご希望にあわせて選び、参画していただくことができます。

  1. 医療翻訳ボランティアとして翻訳活動(スキル提供)に「参加」
  2. JAMTの会員となることで賛同の意思表示と活動を支える「参加」
  3. 一般のサポーターとして寄付することで基盤づくりを「支援」
  4. 協力者としてJAMTと事業提携することでプロセスを「支援」

<参加>

1・2の「参加」の場合には、一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)の信念とビジョンに賛同のうえ「会員」となることが前提です。

<支援>

3・4の「支援」の場合は、メンバーシップではなく、一般・外部のサポーターとしてJAMTのために協力・支援または「寄付」をいただくかたちになります。

会員には個人と法人があり、それぞれ正会員・賛助会員の区分を設けています。JAMTでは、活動と組織の意義から、より多くの会員参加を募りたいと考えていますが、それぞれのご都合に応じた参加・支援をいただければと思います。

JAMTに期待と信頼を寄せてくださる多くの方々から、より深い理解と支持をいただけるよう、当会活動においては、多くのご参加を募ると同時に、適正な組織統治と説明責任を果たしていきます。

<寄付について>

ご寄付によるJAMT支援も可能です。JAMTでは、「寄付」をJAMTを終着点とする慈善募金ではなく、「長期的視野による社会投資」として捉えています。

つまり、JAMTに寄付いただいた財源をより社会的価値のあるものに転換し、社会と未来に還元していくよう信託を受けたものとと考えています。その観点から、単に資金面の支援ということではなく、皆様にも可能なかぎり活動のプロセスをお知らせして共有いただきたいと考えます。そのことでJAMTも「受託者」としての説明責任を果たしていきたいと考えています。

こうした考えにご賛同頂ける個人・団体の方は以下フォームよりお問い合わせ、お申込みをお願い致します。

お問い合わせフォーム

【振込先】郵便振替
【記号】10030
【番号】78505391
【名義】一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ