日本語ページEnglish Page

海外癌情報リファレンス10周年記念

10周年ご挨拶

海外癌情報リファレンス10周年記念

身内のがん闘病の経験から「情報は希望である」という声に共感し、一般の患者にも海外の最新情報を伝えたいと、『海外癌医療情報リファレンス』を開設しました。10年のあいだ、このサイトをご愛顧いただきました閲覧者の皆様に心から感謝申し上げます。 

立ち上げ当時はインターネットも初期の頃で、日本語ではがんの情報もほとんどありませんでした。腫瘍内科医の制度もなく、がん治療薬も米国の3分の1とも言われていた頃です。情報を求める声とともに、1人、2人と翻訳ボランティアが増えていき、現在では140名近くのボランティア翻訳者と42名の監修者が在籍しています。10年間で3000記事以上を翻訳しました。

研究者や医療者、がんサバイバーをはじめとした方々の多大なご尽力により、この10年で日本のがん診療の背景も大きく変化したと認識しています。海外や日本からの研究報告もニュースで数多く目にするようになり、ドラッグラグを含む多くの問題が改善され、患者会や自助活動も盛んになりました。国立がん研究センターをはじめとした医療機関でも多くのがん研究が行われ、たくさんの日本独自の有用なデータや資料が提供されています。適切ながん診療へと患者を導く制度が次々と整備されてきているのを目の当たりにして感慨深く感じます。

いまだ、がんは世界からなくならず、日々がん患者は増え続けています。そのため世界中が力を合わせてがん撲滅のための研究に取り組んでいます。そして、最善の治療を作るための多くの重要な医学的エビデンスは、(日本の発表を含めて)海外の文献がもとになっています。例えば、米国政府は人類のがん研究の進歩のために、1960年代からPubMedですべての医学論文抄録をインターネットで公開していますが、言語の障壁は大きく、一般の日本人はなかなかその利益を享受することが困難です。また一方では、情報過多の時代において医学的でないがん情報がまかり通っている現実もあります。乗り越えるべき数々の課題に一つでも貢献できればと考えます。

『情報は希望』、『情報は力』、そして『情報は命』であるとの言葉はそれぞれ、今までに出会ったサバイバーの方々から頂いた言葉です。なによりの激励として心に深く刻まれています。

『海外癌医療情報リファレンス』は、がん撲滅を願って集結した(がんサバイバーを含む)翻訳者および専門家により、これからも上質なエビデンス情報の蓄積と、「必要とする患者さんに必要ながん情報を届ける」活動を継続していく所存です。そして、患者参加型医療のための医療リテラシーの向上、およびがん診療や研究への貢献とともに、患者会やがん支援組織の国際交流にもお役に立てることを願っています。

情報の大海の中では、私たちができることはほんのわずかかもしれませんが、私たちの翻訳チームがみなさまのお役に立てることがあれば幸甚です。

今後とも、『海外癌医療情報リファレンス』を宜しくお願い申し上げます。

『海外癌医療情報リファレンス』10年の主な歩み

年号 沿革
2004年(平成16年)
  • 10月5日、患者遺族である野中希氏により個人のHPとして『海外癌医療情報リファレンス』開設。
2006年(平成17年)
  • サイトリニューアル。NCIキャンサーブレティン翻訳開始。
  • 6月、がん対策基本法成立。
  • 10月、国立がん研究センター「がん対策情報センター」設立。
2008年(平成20年)
  • 7月、『海外癌医療情報リファレンス』西日本在住者第1回交流会開催(大阪)。この後、活動拠点を東京へ移す。
    この頃にはボランティア翻訳者90名、監修者20名に達していた。
2009年(平成21年)
  • 4月1日、任意団体「がん翻訳ネットワーク」から法人化し、現在の一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(東京)となる。
    初代理事:林 正樹(社会医療法人敬愛会中頭病院/理事長)、野中 希(副理事長)、榎本 裕、久保田 馨、島村 義樹、平 栄、古瀬 清之
2010年(平成22年)
  • 5月、JAMTウェブサイトを新たに構築。
    NCI動画字幕版を初めて制作(動画一覧)。
    NCI「再発したとき」初の冊子制作(がん患者団体支援機構助成金)。
  • 11月、『海外癌医療情報リファレンス』ニュースレター第1号発行。
    東京都千代田区にオフィスを開設。翌年、新宿区へ移転。
2011年(平成23年)
  • 3月、震災直後、チーム・オンコロジー.Comへの翻訳協力。
    『災害時のがん医療-がん患者さんと医療従事者のためのFAQ』
    原文は、米国がん協会(American Cancer Society)「Coping With Cancer After a Natural Disaster: Frequently Asked Questions for Cancer Patients and Their Caregivers」
  • 5月、サイトリニューアル 制作(株)かるてぽすと
  • 6月、副理事長野中が米国NCIを訪問。小宮医師とともにスタッフと会合。
  • 2011
    2011年6月10日日米国国立癌研究所(NCI)にて。
    野中希(左)、NCI小宮武文医師(左から2番目)。(NCIキャンサーブレティン掲載)

2012年(平成24年)
2013年(平成25年)
  • 1月、NCIキャンサーブレティン原文元発行終了
  • 4月、新理事長に久保田馨氏(日本医科大学付属病院)が就任。
    MDアンダーソンがんセンター『Oncolog』誌翻訳開始
2014年(平成26年)
  • 10月5日、『海外癌医療情報リファレンス』ボランティア翻訳者110名、監修者42名、スタッフ、会員、協賛・協力者に支えられ、がんの最新情報をほとんど毎日更新し続け、10周年を迎える。