日本語ページEnglish Page
2013年6月12日

平成25年度 第1回JAMT医療翻訳ワークショップ(全3回)テーマ:<翻訳者が知っておくべき>「がんの分子生物学、診断、薬物治療をはじめとした各種治療と臨床試験の知識」~肺がんを中心とした薬物学的アプローチに関する最新知見~のご案内

平成24年度がんセミナーで皆様にご好評をいただいた産業医科大学・田中 文啓 先生によるワークショップ(全3回)を開催します。

今回は、肺がんを中心とした3回に及ぶシリーズで、がんの基礎~最新知見を包括的に臨床医の立場からご講義いただきます。また、毎回、セミナー後に翻訳演習を行います。翻訳と医学の最新知見の両方を学べる講座です。

第1回「がんの分子生物学と遺伝子解析」
がんの成り立ちとその分子メカニズム、及び標的治療のための分子マーカーの知識と遺伝子解析(PCR法など)について。

【課題】
http://www.ascopost.com/issues/may-15,-2013/new-molecular-testing-guideline-for-selection-of-lung-cancer-patients-for.aspx

第2回「がんの診断・治療と臨床試験の統計学」
基礎的知識を踏まえて、細胞生物学的診断や遺伝子解析を用いた最新のがんの診断・治療、並びに、臨床試験と統計用語の理解。

第3回「細胞障害性薬剤と分子標的薬剤」
薬物学的治療に用いられる、各種細胞障害性薬剤及び分子標的薬剤について、その作用機序、薬理学及び臨床応用例。

また、各回、テーマに合った課題文の翻訳例について演習を行う予定です。

医療の発達に伴って、がんの診断、治療は、日進月歩で進化しており、数多くの知見を網羅的に収集するのに役立つ講座です。また、その知見に裏付けられる学術的事項についても、集約的に習得できる機会です。

医療翻訳者および医療ジャーナリスト向け講座ですが、幅広く一般の方にもご聴講いただけます。この機会に、是非奮ってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

******
第1回 JAMT医療翻訳ワークショップ(全3回)
テーマ:<翻訳者が知っておくべき>がんの分子生物学、診断、薬物治療をはじめとした各種治療と臨床試験の知識」

■講師
田中 文啓 (学校法人 産業医科大学 医学部 第2外科教授)

■日時
第1回 7月7日(日)
第2回 9月23日(月・祝日)
第3回 11月10日(日)

13:15~ 受け付け開始
13:30~15:35 挨拶
13:35~15:30 講義と質疑応答
15:40~16:40 翻訳演習
16:50 終了

※各回とも、「講義」後に「翻訳演習」有り。毎回、翻訳課題を用意します。

■場所
SO! SHINJUKU 8F 会議室
東京都新宿区新宿2-15-22 S2 ビル8F

■アクセス
・JR 新宿駅東南口改札(地下道E10 からC7 より)徒歩10 分
・都営新宿線 新宿3 丁目駅C7 出口 徒歩3 分
・丸の内線 新宿御苑駅1 番出口 徒歩3 分 新宿3 丁目駅 徒歩5 分
・副都心線 新宿3 丁目駅 徒歩6 分

■受講料(資料[スライド冊子+音声]込):
【JAMT 翻訳ボランティア会員】6,000円/1回 15,000円(全3回)
・資料のみ希望の場合:2,500円/回、6,000円/全3回
【会員】 10,000円/1回 26,000円(全3回)
【一般】 15,000円/1回 40,000円(全3回)

※一般の受付は、6 月10 日~
※1回ごとの受講も可。各回1 週間前までにお申し込み下さい。
※受講料はメール申し込みの後、事前にお振り込みください。
※音声はダウンロード/ディスク予定。
※ドリンクのセルフサービス有り

■定員:約26 名(JAMT 会員優先)。
※6 月30 日までに。定員になり次第締め切り。

■お申込み:以下の項目を明記の上、メールにてお申し込みください。
講座申込専用アドレス : workshop2@jamt-cancer.org
1)氏名:
2)翻訳ボランティア会員/正会員/賛助会員/一般の別:
3)参加回:全3回すべて 第1回 第2回 第3回
4)住所:
5)電話番号:
6)メールアドレス
7)所属(任意):
8)その他(受講動機、関心のテーマなど)
※セミナーの申込みのメールの件名には、「【医療翻訳特別講座】受講申込み|(氏名)」
と記載ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です