ブログの取り組み方針とポリシーについてはこちらをご覧ください

2019年7月2日

「JAMT抄読会」2019年後期募集について

JAMT監修者が持ち回りで講師となり、論文や記事を読みながら翻訳を学びます。最新の医学的知見や、監修の先生方から臨床や現場の現状を直接教えていただき、医療翻訳に反映させるための講座です。毎回8~10名の受講生と共に学びを深めています。
受講生の方々より「第一線の先生方のお話しを直接聞くことができる貴重な機会」「対象がん種の背景知識を踏まえて臨床試験を解説して貰えたので分かり易かった」「取り上げる題材が様々で勉強になった」等の感想を頂いております。

2019年後期は以下の日程で受講生を募集します。
【後期6回】

  1. 2019/9/14  10:00~11:45   講師:大野 智先生(医療エビデンス、統合医療/島根大学医学部 臨床研究センター)終了しました
  2. 2019/10/12 10:00~ 11:45   講師: 原 文堅先生(国立がん研究センター有明病院・乳腺内科)台風のため、延期となりました
  3. 2019/11/9  10:00~ 11:45  講師:中村能章先生(国立がん研究センター東病院 消化管内科)
  4. 2019/12/14  10:00~11:45 講師: 中村奈緒美先生(訪問診療医師)
  5. 2020/1/11    10:00~11:45 講師: 喜多川 亮先生(東北医科薬科大学 産婦人科)
  6. 2020/2/8    10:00~11:45    講師: 榎本 裕先生(三井記念病院 泌尿器科)

・課題
授業の教材は毎回3週間前までにお知らせします。
課題(予習)は、①全文読む、②課題箇所の和訳(500ワード程度まで)
1週間前までに事務局に提出する(提出は任意)。
添削はありませんが、講師が解説するポイントを把握するために参考にします。

・場所
東京都新宿区新宿2-15-22 Landwork新宿ビル8F 中会議室

・受講料
【会員】
半年(全6回)受講料 5,500円x6=33,000円(税別)
※空席がある場合、単発受講も可能です。1回につき受講料7,500円(税別)
スカイプ受講検討
【一般】
半年(全6回)受講料 8,600円x6=51,600円(税別)
※空席がある場合、単発1回につき受講料10,000円(税別)

・募集人数
若干名 (最低催行人数6名)
お申込み・お問い合わせは事務局・清水までお願い致します。
workshop@jamt-cancer.org

2015年7月24日

医療翻訳「基礎入門講座」(Aコース)「基礎実践講座」(Bコース)秋期開講のお知らせ

「医療翻訳・基礎入門講座」(Aコース)

内容
・メディカル翻訳の基礎知識:スタイルガイド、辞書、ICH
・臨床試験の基礎知識:薬剤の承認プロセス、非臨床試験の項目、治験のプロセス、有効性・
安全性、統計
・医学・薬学の基礎:身体の部位(解剖学)、一般的疾患、薬物動態
・がんについて:がんの分子生物学、医学におけるEBM、疫学(予防・検診)
・和訳演習:毎回4~5題(パラグラフ単位)を事前課題として和訳

※当講座の大きな特徴として、がん(悪性腫瘍)に関する基礎知識やEBM、最新治療に関する話題 などを盛り込んでいきます。 特に、一般的な翻訳講座ではあまり取り扱わないがんの分子生物学や疫学に関しても取り扱います。

日程:10月13,20,27日 11月10,17,24日 12月8,15,22日(全9回)

時間:午後1時~2時30分

 

「医療翻訳・基礎実践講座」(Bコース)

医療翻訳・基礎実践講座は半年間12回にわたって「ワシントンマニュアル」に取り組みます。代表的な内科疾患、主要な癌疾患、臨床試験について、一定量の文章を読んだ上で、抜粋した部分を課題として翻訳します。課題を通して、各疾患や臨床試験の知識や医学表現を学び、無理なく身につけることができます。(ワシントンマニュアルは使用許諾取得済)

内容
・主要内科疾患各1回(高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中、髄膜炎)
・主要な悪性腫瘍疾患各1回(肺癌、消化管系癌、乳癌、白血病、腎臓癌)
・臨床試験に関する説明2回

講座の対象
メディカル分野の翻訳について基礎的な知識のある方。JAMT翻訳入門講座を修了レベル程度。英語力・翻訳経験は問いませんが、毎回A4で2~3ページ程度の英文を読んでいただいたうえで300~400ワード程度を訳していただきます。講座は月に2回、6か月間で全12回です。

日程: 10月1,15日 11月5,19日 12月3,17日 1月7,21日 2月4,18日 3月3,17日
(いずれも第一、第三木曜日、全12回)

時間 :  午後7時~9時

場所:新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F 小会議室

受講料
「入門講座」¥36,720(テキスト料含+税)
「基礎実践講座」¥74,520(テキスト代、税含む)

※いずれもJAMT会員優待あり。詳細はお問い合わせください

お問い合わせ、お申込みはJAMT事務局・水野までメールにてお知らせください。(お申込みの方へは折り返し申込書フォームをお送り致します) アドレス:mizunok@jamt-cancer.org

2015年4月6日

「医療翻訳・実践講座」のお知らせ

医薬翻訳の基礎を学習された方で、
さらに実践的に学びたい方を対象に、新たに「実践講座」を開講いたします。

実践講座は半年間12回にわたって「ワシントンマニュアル」に取り組みます。
代表的な内科疾患、主要な癌疾患、臨床試験について、
一定量の文章を読んだ上で、抜粋した部分を課題として翻訳します。
課題を通して、各疾患や臨床試験の知識や医学表現を学び、
無理なく身につけることができます。
(ワシントンマニュアルは使用許諾を得ています)

■内容
主要内科疾患各1回
(高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中、髄膜炎)

主要な悪性腫瘍疾患各1回
(肺癌、消化管系癌、乳癌、白血病、腎臓癌)

臨床試験に関する説明2回

■講座の対象:
メディカル分野の翻訳について基礎的な知識のある方。
JAMT翻訳入門講座を修了レベル程度。
英語力・翻訳経験は問いませんが、毎回A4で2~3ページ程度の英文を
読んでいただいたうえで300~400ワード程度を訳していただきます。
講座は月に2回、6か月間で全12回です。

■日程:10月1,5日 11月5,19日 12月3,17日 1月7,21日 2月4,18日 3月3,17日
(いずれも第一、第三木曜日、全12回)

■時間:昼講座・午後1時~3時  夜講座・午後7時~9時

■場所:新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F

■受講料:¥74,520(テキスト代、税含む)
※分割の場合2回払い可
※JAMT会員は優待あり

JAMT事務局・水野までメールにてお申込みの旨お知らせください。
折り返し申込書フォームをお送り致します。
アドレス:mizunok@jamt-cancer.org

2015年3月24日

「医療翻訳・入門講座」のお知らせ

医療翻訳の基本を学びたい方のために、入門講座を開講しています。
(通学授業と通信講座のご用意があります)
■内容
◆メディカル翻訳の基礎知識:
スタイルガイド、辞書、ICH

◆医学・薬学の基礎:
身体の部位(解剖学)、一般的疾患、薬物動態

◆臨床試験の基礎知識:
薬剤の承認プロセス、治験の仕組み、有効性・安全性、統計

◆がんについて:
がんの分子生物学、医学におけるEBM、疫学(予防・検診)

◆和訳演習:
毎回4~5題(パラグラフ単位)を事前課題として和訳

※当講座の大きな特徴として、がん(悪性腫瘍)に関する基礎知識やEBM、
最新治療に関する話題などを盛り込んでいきます。
特に、一般的な翻訳講座ではあまり取り扱わない
がんの分子生物学や疫学に関しても取り扱います。

■受講料:¥36,720(テキスト料含+税) ※JAMT会員優待あり
詳細はお問い合わせください
■授業日程:【夜講座】
5月13日・20日・27日、6月10日・17日・24日、7月8日・15日・22日
(全9回。いずれも水曜日の19:00~20:30)
【夏期集中講座】
7月12日・19日、8月2日・9日・23日
(全5回。いずれも日曜日13:00~16:00)
■場所:SO! SHINJUKU 8F
■住所:東京都新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F
■定員:10名(最小催行人数3名)※先着順
■通信講座
内容は上記と同様。(添削9回。添削受付期間はお申込みから7か月間)
5月期の次に10月期を開講する予定です。  ※お申込みは随時受付
JAMT事務局・水野までメールにてお申込みの旨お知らせください。
折り返し申込書フォームをお送り致します。
アドレス: mizunok@jamt-cancer.org

2014年7月7日

「医療翻訳・初級講座」開講のお知らせ

医療翻訳を、まずは基礎から学んでみたい…という方々に向けて、9月30日(火)から9回にわたり「医療翻訳・初級講座」を開講いたします。
コース修了時には専門家による校正も予定しております。ぜひこの機会にお申し込み下さい。

■日程:
9月30日
10月7日・14日・21日
11月4日・11日・18日
12月2日・9日
(いずれも火曜日)

■時間:13:00~14:30  90分×9回

■場所:SO! SHINJUKU 8F

■住所:東京都新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F

■アクセス:
・JR 新宿駅東南口改札(地下道E10からC7より)徒歩10分
・都営新宿線 新宿3丁目駅C7出口 徒歩3分
・丸の内線 新宿御苑駅1番出口 徒歩3分 新宿3丁目駅 徒歩5分
・副都心線 新宿3丁目駅 徒歩6分

■定員:10名(最小催行人数3名)※先着順

■受講料:31,320円(初回テキスト購入料含+税)
※会員様は3割ご優待・21900円(初回テキスト購入料含+税)

■講師:今泉眞希子 
(JAMT教育事業部所属。津田塾大学卒業。フリーランス翻訳者/医療・観光)

■申込期限:9月16日(火)まで

※1.お名前 2.ご住所 3.お電話番号 を明記の上、件名「医療翻訳・初級講座」にて
office@jamt-cancer.org までお申し込み下さい。

2013年10月18日

11/10 (日) 平成25年度 第3回JAMT医療翻訳ワークショップ開催

平成24年度がんセミナーで皆様にご好評をいただいた産業医科大学・田中 文啓 先生による第3回ワークショップを開催します。

今回は、肺がんを中心とした3回に及ぶシリーズの最終回で、がんの基礎~最新知見を包括的に臨床医の立場からご講義いただきます。また、毎回、セミナー後に翻訳演習を行います。翻訳と医学の最新知見の両方を学べる講座です。

第3回「細胞障害性薬剤と分子標的薬剤」
薬物学的治療に用いられる、各種細胞障害性薬剤及び分子標的薬剤について、その作用機序、薬理学及び臨床応用例。

また、各回、テーマに合った課題文の翻訳例について演習を行う予定です。

医療の発達に伴って、がんの診断、治療は、日進月歩で進化しており、数多くの知見を網羅的に収集するのに役立つ講座です。また、その知見に裏付けられる学術的事項についても、集約的に習得できる機会です。
医療翻訳者および医療ジャーナリスト向け講座ですが、幅広く一般の方にもご聴講いただけます。この機会に、是非奮ってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

■講師
田中 文啓 (学校法人 産業医科大学 医学部 第2外科教授)

■日 時
平成25年11月10日(日)
13:15~ 受け付け開始
13:30~15:35 挨拶
13:35~15:30 講義と質疑応答
15:40~16:40 翻訳演習
16:50 終了
※各回とも、「講義」後に「翻訳演習」有り。毎回、翻訳課題を用意します。

■場 所
SO! SHINJUKU 8F 会議室
東京都新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F

■アクセス
・JR 新宿駅東南口改札(地下道E10からC7より)徒歩10分
・都営新宿線 新宿3丁目駅C7出口 徒歩3分
・丸の内線 新宿御苑駅1番出口 徒歩3分 新宿3丁目駅 徒歩5分
・副都心線 新宿3丁目駅 徒歩6分

■受講料(資料[スライド冊子+音声]込)
【JAMT 翻訳ボランティア会員】6,000円/1回 15,000円(全3回)
・資料のみ希望の場合:2,500円/回、6,000円/全3回
【会員】 10,000円/1回 26,000円(全3回)
【一般】 15,000円/1回 40,000円(全3回)
※1回ごとの受講も可。各回1 週間前までにお申し込み下さい。
※受講料はメール申し込みの後、事前にお振り込みください。
※音声はダウンロード/ディスク予定。
※ドリンクのセルフサービス有り

■定員
約26 名(JAMT 会員優先)
※定員になり次第締め切り。

■お申込み
以下の項目を明記の上、メールにてお申し込みください。
講座申込専用アドレス : workshop2@jamt-cancer.org
1)氏名:
2)翻訳ボランティア会員/正会員/賛助会員/一般の別:
3)参加回:全3回すべて 第1回 第2回 第3回
4)住所:
5)電話番号:
6)メールアドレス
7)所属(任意):
8)その他(受講動機、関心のテーマなど)
※セミナーの申込みのメールの件名には、「【医療翻訳特別講座】受講申込み|(氏名)」
と記載ください。

2013年9月12日

平成25年度 第2回JAMT医療翻訳ワークショップ(全3回)テーマ:<翻訳者が知っておくべき>「がんの分子生物学、診断、薬物治療をはじめとした各種治療と臨床試験の知識」~肺がんを中心とした薬物学的アプローチに関する最新知見~のご案内

肺がんを中心とした3回に及ぶシリーズの第2回目です。がんの基礎~最新知見を包括的に臨床医の立場から産業医科大学・田中 文啓先生にご講義いただきます。また、毎回、セミナー後に翻訳演習を行います。翻訳と医学の最新知見の両方を学べる講座です。
★1回目(6月)に参加されなかった方もどしどしご参加下さい。

第2回「がんの診断・治療と臨床試験の統計学」
「遺伝子解析を用いたがん診断・治療と臨床試験と統計用語の理解」。臨床試験の統計を中心の講義です。

■講師
田中 文啓 (学校法人 産業医科大学 医学部 第2外科教授)

■日時:9月23日(月・祝)  
13:15 受け付け開始
13:30~15:35 挨拶
13:35~15:30 講義と質疑応答
15:40~16:40 翻訳演習
16:50   終了

以下、予定。
1、がんの診断
・画像診断(CT、MRI、PET、内視鏡、等)
・病理診断(細胞診と組織診断、パパニコロ染色とHE染色、免疫染色、等)
・分子生物学的診断(FISH、PCR、免疫染色、等)
・血液によるがんの診断(腫瘍マーカー、血清中の遺伝子異常、循環腫瘍細胞/CTC、等)

2、がんの臨床試験と統計学の知識
・第I相試験と目的
・第II相試験と目的
・第III相試験と目的
・ランダム化試験、ランダム化II相試験とランダム化III相試験の違い
・エンドポイント(評価項目):主要評価項目(primary) vs副次的評価項目(secondary)
・用量制限毒性(DLT)と最大耐用量(MTD)・推奨用量(RD)
・腫瘍縮小効果判定規準、RECIST基準と奏効割合(RR)
・無増悪生存期間(PFS)、無再発生存期間(RFS)、全生存期間(OS)
・生存曲線、特にKaplan-Meyer曲線
・有意差検定とp値
・95%信頼区間
・ハザード比
・log-rank法と一般化Wilcoxon法
・中間解析(interim analysis)と、その目的
・平均値(mean) と中央値(median)
・維持療法:continuation vs switch
・優越性試験と非劣性試験(non-inferiority)
・分子標的治療時代の臨床試験

【課題】
Systematic review and meta-analysis of randomised, phase II/III trials
adding bevacizumab to platinum-based chemotherapy as first-line treatment in
patients with advanced non-small-cell lung cancer

●アブストラクト、「overall survival」 訳

全文にも目を通して下さい。
参考文献:NY Times
http://www.nytimes.com/2010/09/19/health/research/19trial.html?pagewanted=all&_r=0
●訳提出日 9月20日(金) ワークショップ事務局まで。

■場所
SO! SHINJUKU 8F 会議室
東京都新宿区新宿2-15-22 S2 ビル8F

■アクセス
・JR 新宿駅東南口改札(地下道E10 からC7 より)徒歩10 分
・都営新宿線 新宿3 丁目駅C7 出口 徒歩3 分
・丸の内線 新宿御苑駅1 番出口 徒歩3 分 新宿3 丁目駅 徒歩5 分
・副都心線 新宿3 丁目駅 徒歩6 分

■受講料(資料[スライド冊子+音声]込):
【JAMT 翻訳ボランティア会員】6,000円/1回 15,000円(全3回)
・資料のみ希望の場合:2,500円/回、6,000円/全3回
【会員】 10,000円/1回 26,000円(全3回)
【一般】 15,000円/1回 40,000円(全3回)

※1回ごとの受講も可。各回1 週間前までにお申し込み下さい。
※受講料はメール申し込みの後、事前にお振り込みください。
※音声はダウンロード/ディスク予定。
※ドリンクのセルフサービス有り

■定員:約26 名(JAMT 会員優先)
※定員になり次第締め切り。

■お申込み:以下の項目を明記の上、メールにてお申し込みください。
講座申込専用アドレス : workshop2@jamt-cancer.org
1)氏名:
2)翻訳ボランティア会員/正会員/賛助会員/一般の別:
3)参加回:全3回すべて 第1回 第2回 第3回
4)住所:
5)電話番号:
6)メールアドレス
7)所属(任意):
8)その他(受講動機、関心のテーマなど)
※セミナーの申込みのメールの件名には、「【医療翻訳特別講座】受講申込み|(氏名)」
と記載ください。

2013年6月12日

平成25年度 第1回JAMT医療翻訳ワークショップ(全3回)テーマ:<翻訳者が知っておくべき>「がんの分子生物学、診断、薬物治療をはじめとした各種治療と臨床試験の知識」~肺がんを中心とした薬物学的アプローチに関する最新知見~のご案内

平成24年度がんセミナーで皆様にご好評をいただいた産業医科大学・田中 文啓 先生によるワークショップ(全3回)を開催します。

今回は、肺がんを中心とした3回に及ぶシリーズで、がんの基礎~最新知見を包括的に臨床医の立場からご講義いただきます。また、毎回、セミナー後に翻訳演習を行います。翻訳と医学の最新知見の両方を学べる講座です。

第1回「がんの分子生物学と遺伝子解析」
がんの成り立ちとその分子メカニズム、及び標的治療のための分子マーカーの知識と遺伝子解析(PCR法など)について。

【課題】
http://www.ascopost.com/issues/may-15,-2013/new-molecular-testing-guideline-for-selection-of-lung-cancer-patients-for.aspx

第2回「がんの診断・治療と臨床試験の統計学」
基礎的知識を踏まえて、細胞生物学的診断や遺伝子解析を用いた最新のがんの診断・治療、並びに、臨床試験と統計用語の理解。

第3回「細胞障害性薬剤と分子標的薬剤」
薬物学的治療に用いられる、各種細胞障害性薬剤及び分子標的薬剤について、その作用機序、薬理学及び臨床応用例。

また、各回、テーマに合った課題文の翻訳例について演習を行う予定です。

医療の発達に伴って、がんの診断、治療は、日進月歩で進化しており、数多くの知見を網羅的に収集するのに役立つ講座です。また、その知見に裏付けられる学術的事項についても、集約的に習得できる機会です。

医療翻訳者および医療ジャーナリスト向け講座ですが、幅広く一般の方にもご聴講いただけます。この機会に、是非奮ってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

******
第1回 JAMT医療翻訳ワークショップ(全3回)
テーマ:<翻訳者が知っておくべき>がんの分子生物学、診断、薬物治療をはじめとした各種治療と臨床試験の知識」

■講師
田中 文啓 (学校法人 産業医科大学 医学部 第2外科教授)

■日時
第1回 7月7日(日)
第2回 9月23日(月・祝日)
第3回 11月10日(日)

13:15~ 受け付け開始
13:30~15:35 挨拶
13:35~15:30 講義と質疑応答
15:40~16:40 翻訳演習
16:50 終了

※各回とも、「講義」後に「翻訳演習」有り。毎回、翻訳課題を用意します。

■場所
SO! SHINJUKU 8F 会議室
東京都新宿区新宿2-15-22 S2 ビル8F

■アクセス
・JR 新宿駅東南口改札(地下道E10 からC7 より)徒歩10 分
・都営新宿線 新宿3 丁目駅C7 出口 徒歩3 分
・丸の内線 新宿御苑駅1 番出口 徒歩3 分 新宿3 丁目駅 徒歩5 分
・副都心線 新宿3 丁目駅 徒歩6 分

■受講料(資料[スライド冊子+音声]込):
【JAMT 翻訳ボランティア会員】6,000円/1回 15,000円(全3回)
・資料のみ希望の場合:2,500円/回、6,000円/全3回
【会員】 10,000円/1回 26,000円(全3回)
【一般】 15,000円/1回 40,000円(全3回)

※一般の受付は、6 月10 日~
※1回ごとの受講も可。各回1 週間前までにお申し込み下さい。
※受講料はメール申し込みの後、事前にお振り込みください。
※音声はダウンロード/ディスク予定。
※ドリンクのセルフサービス有り

■定員:約26 名(JAMT 会員優先)。
※6 月30 日までに。定員になり次第締め切り。

■お申込み:以下の項目を明記の上、メールにてお申し込みください。
講座申込専用アドレス : workshop2@jamt-cancer.org
1)氏名:
2)翻訳ボランティア会員/正会員/賛助会員/一般の別:
3)参加回:全3回すべて 第1回 第2回 第3回
4)住所:
5)電話番号:
6)メールアドレス
7)所属(任意):
8)その他(受講動機、関心のテーマなど)
※セミナーの申込みのメールの件名には、「【医療翻訳特別講座】受講申込み|(氏名)」
と記載ください。

2012年12月30日

2/10(日)JAMTがんセミナー「翻訳者が知っておきたい肺癌の分子生物学と臨床試験の知識」開催

2013年2月10日、「翻訳者が知っておきたい肺癌の分子生物学と臨床試験の知識」と題し、がんセミナーを開催いたします。

現在、癌領域の翻訳には、分子生物学や遺伝子、生化学分野の理解が欠かせません。肺癌の分子レベルの話や臨床試験について、産業医科大学の田中文啓教授にご講義いただきます。
翻訳者の方はもちろん、癌医療に関心のある方はこの機会に是非ご参加ください。

内容:翻訳者が知っておきたい肺癌の分子生物学と臨床試験の知識
講師:田中文啓教授(産業医科大学医学部第2外科)
日時:2月10日(日) 13:30~15:40 ※受付13:15~
場所:ちよだプラットフォームスクウェア 4F 402会議室

住所:東京都千代田区神田錦町3‐21

[地下鉄]竹橋、神保町、大手町、小川町    [JR]神田
アクセス http://yamori.jp/access/

13:15 受付開始
13:30 講 演 (90m)
15:00 休 憩 (10m)
15:10 Q&A (30m)
15:40 終 了

受講料:JAMT会員 1000円   一般 3000円
定員:約35名

お申込み:以下の項目を明記の上、メールにてお申し込みください。
⇒ workshop@jamt-cancer.org

1)氏名
2)会員/一般
3)住所
4)電話番号
5)所属(任意)
6)その他(受講動機、関心のテーマなど)

※JAMT会員(正会員・賛助会員)優先、先着順
※定員に達した場合はその旨ご連絡いたします。
会員区分について

2012年5月14日

告知:翻訳者のためのがんセミナー「婦人科癌の化学療法について」


JAMT主催のがんセミナーを今年も以下のとおり開催します。
受講希望者はふるってご応募ください。

内容:翻訳者のためのがんセミナー「婦人科癌の化学療法について」
講師:勝俣範之(医学博士、日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科)
日時:6月17日(日) 13:30〜16:00 (受付13:15〜)
場所:一般社団法人日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT)会議室
東京都新宿区新宿2‐15‐22 S2ビル8F 〒160-0022
   ※会場については応募状況により変更になる場合がございます。
会費:1000円(JAMT会員)/3000円(会員以外)

定員:約30名 (当会会員優先になります)
申込み先:メールにてお申し込みください。⇒ workshop@jamt-cancer.org

1)氏名
2)会員/非会員
3)住所
4)電話番号
5)所属:可能な範囲で結構です
6)その他:受講の動機、関心のテーマなどがあれば

その他ご質問等があればお問い合わせください。

詳細が決まりましたら、参加者のみなさまには追ってご案内差し上げます。